贈る気持ちも シタテるのだ

 

Hello♪
紙tateruのMach!です。

 

紙tateruをやってきてよかったって思う瞬間はたくさんあるけれど、
一番は やっぱり「 Shitateru Party 」と題した毎年11月にしている作品展。

ここは もう、ダントツにゃのです。
お月さまにタッチして 余裕で帰ってこれるくらい。
(この例えに、意味は全くにゃい。・・・トモマチさん、あなた考えすぎですw)

 

次に思うのは、
記念日などのお祝いに寄り添う為のギフトとして
紙tateruにご依頼いただき それをシタテて納品できた瞬間。

大抵、お礼とご報告のメッセージをいただきます。
私たちの方が たくさんのお礼を伝えたいのに
それを遥かに上回る言葉のプレゼントが届きます。

目的をもったオーダー品をシタテる時は
作品として作る時間とは違い、
ハンパない緊張と いつも以上に最新の注意を払いながらの作業だけど
受け取っていただく方の笑顔や 贈る方の笑顔を想像しながらの作業なので
私も 自然に笑いながら作業をしています。

 

オーダーいただく時は、
実は、だいたいタイトなスケジュールw

色々迷い、考え、探し、
その中で紙tateruを見つけてくださった方も多いんです。

「 時間がなさすぎるから無理です 」と お断りする事はとってもカンタン。
断ったら また迷子の心になるんだろうなぁと思うから
私たちでお引き受けできなくても 代替案を一緒に考えるようにしています。

その中で見つけたアイデアが 紙tateruの中でできるコトなら
むっちゃ がんばります。

やっぱりね、
「 ありがとう 」の言葉が 大好物なんですw

紙tateruは サプライズがいっぱい詰まった
不思議なペーパーアートだと ずっと感じながらやってきました。

「 単なる工作 」と言われるコトだってあるんだけど、
そう映らないよう
これからも 繊細さと洗練さを磨きながら
オーダーしてくださる気持ちを一緒にのせられるよう 腕と感覚を磨き続けますね♪

これ、お約束します。

 

chu.chu.Mach!
・・・with Thanks and all my Loveハート

 


▽紙tateruの作品は、オンラインショップから ご購入いただけます。

 

Leave a Reply